« 相続物件の換価分割による売買の売主責任 | Main | 遺留分に関する民法の特例 »

January 28, 2014

漏水エキスパート

水道代が急に高くなって

漏水しているのが判明したのに

漏水している場所が分らない。

水道局に連絡して、現場を調査してもらったのに

漏水箇所が判明しないとき、どうしますか?


我が家も漏水しているのに

場所が特定できずに困っていました。

今日来ていただいたのが「漏水エキスパート」という人たち。

漏水個所を発見できれば報酬を支払うという約束で依頼しました。

20140128_0942151
こんな機械を使って

20140128_094620
約1時間作業して

何とか、90%の確率で漏水している場所を特定できたようです。

実際に工事をして場所が当たっていれば報酬を支払う約束となっています。

費用は少し高い気がしますが、水漏れを続けて建物に影響することを考えれば

調査してもらった方が安心です。

さて、今回の場所は正解だったのか工事が楽しみです。

|

« 相続物件の換価分割による売買の売主責任 | Main | 遺留分に関する民法の特例 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

漏水調査の結果報告ありがとうございます。 
漏水が指摘した箇所に無かったばあい、建物内の漏水を想定していました。 
修繕がし易い箇所でホットしました。

ブログをざっと拝見させて頂きました。 「相続税問題」「FPの不動産分野はレベルが低い」など核心を突いたご意見に大賛同です。 いつも感じることですが、相続税対策を目的化した土地活用は、事業性リスクを軽視しすぎていますね。 儲かるのは土地活用により所得税、住民税、事業税、固定資産税を徴収する税金徴収機関、建設会社、管理・仲介会社で、CMで有名な会社の土地提案などは民主党が政権をとる前の政権公約みたいな低レベル。 金融機関も資産背景があれば融資に積極的で低金利が続くあいだは、相続対策で資産を失う方が増えそうです。  

Posted by: 日本最強のフリーター | February 04, 2014 at 05:43 PM

コメントありがとうございます。
お陰様で漏水個所が分り、修繕も終わり、今は穏やかに過ごしています。

相続税対策のための土地活用で、大変な思いをされている方が沢山います。
毎年、赤字を出しているのに気付いていないオーナーさえ存在します。
計画段階でご相談いただければ、現実的なシミュレーションを見ていただくことができるのに・・・。

今年はいろんな場所でもっと声を上げていきたいと思っています。

Posted by: 竹田 | February 05, 2014 at 04:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85454/59026713

Listed below are links to weblogs that reference 漏水エキスパート:

« 相続物件の換価分割による売買の売主責任 | Main | 遺留分に関する民法の特例 »